2018/06/11

全体が豊かに

たい肥3006

みかん畑が夏を通り越し秋のようになってきたのでたまりかねて堆肥を少しやりました。

一応今のところ有機栽培と称しているのでいいか…。

豚糞や牛糞、それにおがくずなどを混ぜ合わせ、発酵させたものなのですが、

本来山ではいろいろなイタチにアナグマ、イノシシなどの動物がウンチをして、それが分解されてやがて肥料となり木を育てるという循環があるのでしょうが、うちのみかん畑はそんな動物はおらず、いても猫と鳥ぐらいだし…、少々やってもよいのではないかと思い、肥料をやりました。

最初は、みかんの木のまわりだけにやろうかなと思ったのですが、

このみかん畑全体が豊かになれば、きっとみかんの木も元気になると思ったので全体に撒くこととしました。

草花もきれいに咲いているしね。

草花3006

例え草がこの堆肥を奪ったとしても、その草を刈れば今度はそれが肥料となり、いずれはみかんへと行くだろうし、

みかん畑の循環がうまく回ればきっとうまくいくはずです!

地球のお世話係としては全体の循環を考えねばです。

そしてみかん畑全体をよい霊性の場所とせねば!

スモモ色づく3006

スモモも少しずつ色づいてきました。

ホントは摘果してやればもっと大きな実がなるのでしょうが、まあいいか。

みかん畑が豊かだと、きっとその前を通る人たちも元気をもらえるでしょう。

じいちゃんばあちゃんから引き継いだみかん畑ながら、今ではこの地域の宝ですから!

「地域の宝」というのは私が勝手に思っているだけですが、癒しの場所には違いありません!

(でも中にはそう思ってくれている人もいるはずです。)

なのでこのみかん畑のエネルギーを高めて、パワースポットにしたいと思うのです。

感謝

                        合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント