2018/06/09

夏を通り越し…

夏を通り越し3006 (1)

みかん畑に秋がきました…。

梅雨入り、そして夏を通り越し、秋…、多くの木の葉っぱが黄色くなっています。

ちょっと触れば落ち葉となり・・・枯れ葉よ~♪

先日の乳酸菌強すぎたか???

それとも肥料をやっていないせい???

まあここ数年毎年のことなんですけどね・・・。

よその畑のみかんは緑濃く、いかにも光合成していまーすって感じなんですけどね。

でもなぜ故に大量に肥料を与えなければならないのか???といつも疑問なのです。

夏を通り越し3006 (2)

椿の木は肥料も何も与えていないのにたくさんの花を咲かせ、実をつけ、それでも葉は青々としています。

神社の木は肥料はもちろん、草は刈られ、丸坊主になるぐらいに枝を切り落とされても、再び青々とした葉っぱで一杯となります。

それなのにいよかんにみかんのの木は何故???

日光もたっぷり浴びているのに・・・。

人間の手で改良され続けた結果なのでしょうか?

剪定の仕方が悪いのでしょうか?

夏を通り越し3006 (3)

家の前のはるか(?)はそれほど日が当たらないのに青々としています。

(これも先日乳酸菌かけたわな…。&去年たっぷり肥料やったな…。)

ではやっぱり管理している私の心の問題???

植物は敏感に人間の心を感じ取ります。

私なりに心をきれいにしようと努力しているんだけどな~。

あと何年すれば納得のいくいよかんができるのやら???

もっと努力しろ!ってことでしょうね。

あきらめるわけにはいけません!!!

みかん(いよかん)作りは心身の修行です。

感謝

                  合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント