FC2ブログ
2019/01/25

修理、修理、修理

冬薔薇3101

草刈り、堆肥やりに疲れ、身体が言うことを聞いてくれないためみかん畑の作業はお休みとしました…。

冬空に咲く薔薇は何気に寒そうに感じます。

近所で家が建てられており、大工さんにいらない板が出たら頂戴と頼んでおいたら

一杯もらえました。

修理工3101 (3)

風呂焚き用薪として使います。

乾燥させているのでよく燃えてくれます!

長いものは来年秋から冬場のいよかんの木のつっかえ棒として使います。

修理工3101 (2)

さて、家の箪笥の底が抜けてしまいました。

側面はかつての勢いで穴があきまくり、板を貼って修理しています。

更にこのところ開かない&閉まらない状態でもありました。

親父の代から使われているもので、もう50年以上経過しているのではないでしょうか?

元々それほどいい箪笥でもないと思われ、そろそろ買い換えてもよいのではないかと思ったのですが、

いろいろと思い出のあるものでもあり…

もう一度使えるように簡単な修理を施しました。

今回は板を変えることもせず、木工ボンドと紙やすり、そして蝋を使用し、

底が抜けたのを修理するとともに、開け閉めしやすいように板を少しばかり削ってやり、蝋を塗って滑りをよくしてやりました。

修理工3101 (1)

再び何とか使えるようになりました。

貧乏臭いと言われればそれまでですが、やっぱ最後まで使ってやりたいですからね。

それで経済が滞るならば、仕方がないことですし、

もしかするとそれは人間の知恵が足りないのかもしれないし、

貨幣に頼りすぎる社会というのもいかがなものかと…。

うまく循環する社会としたいものです。

感謝

          合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント