FC2ブログ
2018/12/07

アボガド実験

懐かしき未来3012

先日のみそづくりで見た風景です。

なんだか懐かしさを覚えるのは日本人だからでしょうか?

それとも年のせい???

最近建てられている住宅に住む子供たちにとってこのような家はどう映るのでしょうか?

アボチャン3号3012

さて先日TVのニュースでビニールハウスでアボガドを育てている農家さんがでていました。

その人はアボガドを大地に植えるのではなく大きな植木鉢に植えていました。

そうするとアボガドは背丈を伸ばすよりも子孫を残すことを優先するのだそうです。

結果背丈をそれほど伸ばすことなく実をつけるようになるそうです。

それを見て私も真似してみようと思った次第です。

まだ鉢植えはそれほど大きくないですが、いずれ大きなものにし、鉢植えの下に台車を置いて移動式にしたいと思います。

というのもある程度大きくなるまでは真冬の夜は屋内に入れてやり、昼間は外で育ててみようと思った次第です。

TVに映った農家さんは東北地方か北陸地方であり、冬場の気温からするとビニールハウスを使わなければなりませんが、

愛媛(松山)は冬場も寒くてマイナス1度か2度程度なので、よほど寒そうな日は屋内に入れてやれば大丈夫なハズ。

(確かアボガドの寒さの耐性はマイナス4度と聞いた記憶が…あります。)

アボちゃん3号は鉢植え育て実験号としようと思います。

田舎の風景とアボガドの木はマッチするか分かりませんが、

地方都市の古民家ではいいかもしれないです!!

どうなるか楽しみです。

感謝

                      合掌




らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント