FC2ブログ
2019/05/21

子育てシ-ズン!?

カモ0005

自転車で走らせ40分

カルガモのいる池(湧水)

子育て中でしょうか?

この場所からほとんど離れません。

みかんの花???0005

さてこちらは、一瞬みかんの花のように思えますが、毎年この時期に咲き始める花

夏の花です!

いつの間にか半袖で良くなりました。

季節はどんどん動いています。

=月日もどんどん流れているということです。

つまりじっとしていてはいけないということでしょう。

動かなければ!

感謝

      合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~




2019/05/20

憎みきれないFACE

憎たらしいが0005 (2)

いよかんの木にこっそりと隠れていたこやつ

葉を食い散らかすので憎き相手

でも、憎みきれない…。

憎たらしいが0005

なんて顔と目をしてやがるんだ!!!

さて、どうしよう…。
2019/05/19

こんなところにテンガヨ

第45回クリーンえひめ (6)-1

少し暑いかなというぐらいの天気です。

海が眩しいです。

もう夏ですね。

泳ぎたくなります。

第45回クリーンえひめ (7)

そんな中第45回クリーンえひめを開催しました。

1か月ぶりです。

故に(?)歩道はゴミだらけ(-.-)

それにもめげずにせっせとクリーン活動!

第45回クリーンえひめ (5)

あっという間にレジ袋が一杯になりました。

私にとってはこんな時に役に立つレジ袋なのです。

少しばかり海岸のプラも拾ったのですが、もし本当に時間をかけて拾えば

ゴミ袋がどれだけ必要となるのでしょう???

ニュースで世界の海のプラゴミは1,000億トンになるとのことでした…。

さて、ゴミ拾いの途中です。

何やら怪しげなものがあるなと思えば…

第45回クリーンえひめ (9)

一体誰がこんなもの捨てるのでしょう???

明らかに意図的に捨てる野郎が一番の天誅ものです…。

天が成敗してくれないものでしょうか???

あまり触りたくないのでそのままにしておきました…。

変なものを見せてしまったので、お口直しに

第45回クリーンえひめ (8)

毎年コンクリートの隙間から咲くハマヒルガオです。

こんなところで毎年咲くというのが凄いです。

ちなみに花言葉は、絆、賢くやさしい情愛だそうです。

この強さ&花言葉、ともに見習いたいものです。

感謝

       合掌


らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~


2019/05/18

農業は大変だ

農業大変0005 (1)

朝5時から6時までのみかん畑作業

朝5時が暗くなるまで続きます。

普段は早起きは三文の徳ということで、元気はつらつなのですが、

眠い時は苦痛です。

今日がまさにそれです…。

農業大変0005 (3)

あ~、カメムシが!

今年はなんだかカメムシが多そうです…。

アッ、こっちではカイガラムシが成虫になろうとしている!

ここにも、あそこにも、ウワッ、ウワッ、ウワ~~~…。

おまけに葉っぱの色悪いな~。

農業大変0005 (2)

ああ、この前草を刈ったばかりなのに、もうこんなに伸びている…。

なんだか、消毒、化成肥料、除草剤使いたくなる気持ちが分かります。

もっと年を取って身体が動かなくなってくれば更に…

以前のように体も動かなくなってきた、もっと手をかけてもよい方法はないものだろうか???

そんなニーズを満たすのが上記のものなのでしょう。

そういう意味では生産者の要望にこたえたものであり、農家にとっては救いだったのかもしれません。

どうも昨日(仕事の関係で)自転車で走り過ぎたために疲れがたまっているようです。

何事も楽にはいかないものです。

心も体も鍛え直さなければなりません。

感謝

             合掌


らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~


2019/05/17

さわやかに逆転したいものです!

月は何処0005

もうすぐ5月の満月を迎えます。

月見草も満月に向けてしっかり準備中???

満月の日に花粉を飛ばすとかないのでしょうか???

そんな月見草が増えつつあるみかん畑ですが、

さわやかミント0005 (2)

畑そばの斜面の一角に植えてあるミントがこちら。

この時期ミントの新芽を摘んで干してやります。

乾くとミントの香り倍増します。

それをお風呂に入れて、さわやかミント風呂!!

日々暑さが倍増中ですからね。

さわやかミント0005 (1)

しかし考えてみると、みかんの木は黄色くなっているのに、畑の草は青々として

何だか逆転現象が起こっているような…

みかん畑で先月はヨモギを取り、間もなくどくだみ草を取り、畑そばでスベリヒユを取りなどなど

みかん畑の草を飲んだり食べたりと…

なんだかみかんよりも草(雑草)ばかり取っているような…

いったい私はどんな生活をしているのでしょう???

みかんだけでなくそれぞれのものを効率よく活かしているということで…(^^)v

これからはもっとみかんに愛情を注いで、みかんが王道となるように再逆転したいと思います!

感謝

        合掌


らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~

2019/05/16

こんな中にも生命が!

美しき白0005

5月もはや中盤を過ぎてしまいました。

月日が流れるのが早すぎます…。

先日80を迎える男性の方にその話をすると、これからますます速くなるとのことで、

となると、もう1年なんて3日ぐらいの感覚になってしまうのではないかと…、

そうすると10年は1か月程度の感覚でしかなくなり、ホントあっという間です。

年齢を重ねるごとに死へのスピードアップというか…

それスピード違反です!!!

切符を切ってくれる人もいないので全力で生きなくちゃ!!

井手掃除0005 (1)

さて、毎年この時期に行われる地域行事、年に1度の井手掃除、もっと直接的に言うと「用水路のどぶさらい」に行ってきました。

子供のころは田んぼに畑が広がっていたわが地域も、現在それらはもうほとんどなくなりつつあるのですが、

それでも用水路は残っており、その掃除が行わるのです。

昔はきっとみんなで用水路の周りの草刈りをして水がスムーズに流れるようにして、田植えの準備だったのでしょうが、

今では用水路はコンクリの3面ばり、なおかつ家々の生活用水が流され、まさに「どぶ」さらいです…。

水が飛び散り服が黒くなり、更に臭いもクッサ~

こんな水で米をつくるのは…。

我が家の田んぼは畑となり、家庭菜園で、井戸水使用なのでよかった…です。

井手掃除0005 (2)

それでも最近は下水道が普及してきたためか、最後に掃除を行ったこの用水路で

何か動いているものがいるぞと思いきや、

なんとドジョウを発見しました!!

それも一匹だけでなく十匹はいるのでは???

まさかドジョウがいるとは!!!

最初信じられませんでしたが、なんとも言えぬ喜びを感じました。

どじょう
(写真は借り物です。)

そういえば子供のころ親父と用水路でドジョウを取ってドジョウ汁にして食べたなあ~。

あのころは田んぼだらけでまだコンクリで固められておらず、まだ今と比べてきれいな(?)水が流れていたのです。

ドジョウ汁、また食べたいなあ~。

さすがにこのドジョウを食べようとも、食べたいとも思いませんが、

いつの日かこの用水路の水が真っ白い花のように濁りなきものとなり、再びドジョウ汁が食べられる日が来たならば・・・

そんな夢を描きつつ、本気で美しき自然を取り戻したいと思うのです。

僕たち人間は地球のお世話係です!!

感謝

       合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~


2019/05/15

心配せず夏へと向かう

夏へと0005 (1)

柿の花が咲き始めています。

昨年かなりの実りがあったので、今年は少ないのでは?と思ったのですが、

そこそこ花を咲かせてくれそうです。

今年は柿酢づくりに挑戦したいと考えているので、今後の状況が気になってしまいそうです。

夏へと0005 (3)

さて、気がつけば庭の花はすっかり終わってしまい、

今はどんどん葉が伸び、茫々状態です。

冬が終わり、春がきて、花を咲かせて、

そして夏場の勢力

生存競争でもあり、循環でもあり

植物の世界は奥深いです。

夏へと0005 (2)

いよかんの花も終わりとなってきました。

現在はみかんの木の花盛り。

どの木もこれからどんどん葉が育ち、青々とした葉が光合成をしてくれるとよいのですが、

うちのみかん畑のいよかんの木はどうなのでしょう?

そんな時頭の中に浮かんできたのが、

「心配ないからね~、最後に愛は勝つ~♪」の曲。

愛情もって見守っていれば、きっといよかんちゃんたちもそれに応えてくれることでしょう!

それを信じて

自然の巡りに任せたいと思います。

感謝

        合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~



2019/05/14

気合入っています!

ミカン畑の花0005 (3)

はるかの花

着花過多が多いみかんの木のひとつ。

枯れそうなはるかの木もあれば、着花過多のもあります…。

全く手のかかる奴らで、困ったものです(笑)。

ミカン畑の花0005 (2)

本日朝6時半から酢の散布を行いました!

今年は月2回の酢の散布を目標としているので、2週間ぶりの散布です。

今回は酢に、自家製乳酸菌、それも赤玄米乳酸菌とヨモギ乳酸菌を混ぜたものを入れ散布しました。

ミカン畑の花0005

散布しているとちょくちょくカメムシを見つけ、除去したのですが、今年はもしかするとカメムシ大発生となるのでは???と、

また新たな心配事が増えました。

のんびり落ち着くどころか、心配ばかりのみかん畑です…。

ミカン畑の花0005 (1)

時々ハチさんたちの蜜の採集を邪魔しながらの作業となってしまうのですが、

許してもらうしかありません。

共生してWIN-WINを目指そうではありませんか!!

感謝

      合掌


らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~

2019/05/13

心配畑から循環畑へ!

朝畑0005 (3)

何という名の花かは分かりませんが・・・

終わろうとしているのもあれば、これから咲こうとするものもあり、

いずれはこの花の時代も終わり、また別の花が咲き…、

そうして次々と代が移り変わりつつも循環しているのが自然界です。

朝畑0005 (1)

さて、この木は「はるか」という名の柑橘です。

けれども剪定で枝を切り過ぎて弱ってしまい、その上病気にもかかり、只今葉がどんどんと落ちており…、

このまま枯れちゃうのではないか???と心配しております。

人間が手を加え過ぎると駄目ですね…。

大失敗です(>_<)

朝畑0005 (2)

こちらの木はみかんです。

花がつき過ぎちゃって、なおかつ葉の色が悪く…

これまたやばいな~と心配しています。

何だか心配ごとの絶えないみかん畑です…。

困った、困った(ー_ー)!!。

そんなことを呟きながら歩いています…。

復活畑0005

しかしながらこちらは、一度はもうだめかと諦めていたのが、3年ぶりに花を咲かせた復活のみかんの木です。

一時は葉がほとんどなくなってしまい、枝も相当枯れていたのですが、今年は3輪ほど花を咲かせました!

そうなのです!

ダメになってしまうものばかりではありません。

こうして意識混濁状態から復活した木もあります。

長年化成肥料や農薬で育てられた木々を、苗木を、そして畑を、自然の循環へと戻していくこと。

そして人間はほんの少しばかりのお手伝い。

それが本来の自然のあり方!!

そんなみかん畑づくりの真っ最中です。

感謝

        合掌


らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~
2019/05/12

新築巣箱

みかんの花0005

いよかんではなくみかんの花です。

きれいに咲いています!!

最近は温州みかんもいろいろな名前のものがあるので、なんてものかは…不明です。

温州みかんに限らず、今や柑橘類の種類があまりに多すぎて、一体どれが何と言う名前か分かりません…。

みかんマイスターが必要ですね。

新ミツバチ巣箱0005

さてみかん畑に置いてあるミツバチの巣箱2つのうちひとつが新型にチェンジしました!

製作者の方がひとつ新しいものに変えてくれました!!

ちなみに以前のものはこちらです!

ミツバチ来てね3004

何が変わったかというと、新しいものは3段分けされました!!

(ただしどう使うかは分かりません…。蜜を採る時に便利なようです。)

これでミツバチ入ってくれるといいのですが・・・

そちらのほうが先決ですね。

いよかんとミツバチ3004 (1)

まずはじっくり待ちたいと思うのですが・・・、

製作者の方も設置して3年目に初めて入ったそうですが・・・、我がみかん畑での設置も3年目では???

そのうちミツバチの分蜂を探しに行こうかと思います…。

ネットでも売っているんですけどね…。

いつの日にか自家製純粋蜂蜜をなめて「あま~い!」というのが夢です(^^)v

感謝

      合掌


らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~