FC2ブログ
2018/11/30

この違いは何だろう???

噂のカフェ3011

街で噂のカフェに行ってきました。

お店も、飾っている写真も、カップもおしゃれ~。

おまけにマスターは格好よく、受け答えはお上品ときています。

それでもってコーヒーがまたウマイ!!

一体何なのでしょうこの格差???

大根比べ3011 (1)

さて今年の夏汗水たらして開拓した畝に大根を植えたのですが、どういうわけかボロボロです…。

完熟していない堆肥を混ぜてしまったからでしょうか???

一方みかん畑で野良生え状態の大根を発見!

見事な葉となっています。

結構きれいに左右対称。

何なんでしょうこの違い???

大根比べ3011 (2)

みかん作りもそうですが、下手な意図を企てるとうまくいかないことも多いです。

やっぱ素直な心で、欲張らず!

何事を成すにも心を磨かなければなりません。

私の心はまだまだひねくれているみたいです。

11月も終わりです。

今年最後の1か月はきちんと修行をして、来年につなげたいと思います。

感謝

                   合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~


スポンサーサイト



2018/11/29

そして冬となる???

残り柿3011

残りの愛宕柿の収穫を行いました。

みかんの収穫も終わらせたので、残るはいよかんとレモンが少々

なんだか冬がやって来た~という実感が湧いてきました。

あとは12月半ばからのいよかんの収穫をして、お正月を迎えるとなります。

気がつけば11月も終わりですものね…。

は・や・す・ぎ・る・・・

あとはいよかん3011

さて、このところ小津安二郎作品にはまりつつあります。

といっても数か月前に「東京物語」を見て、今回「晩春」を見ただけなのですが、

それでもってどちらも全くの日常の中にあるものを描いているのですが、

その中に痛みがあったり、名言が潜んでいたりと

最初のうちはつまらないな~と思っているのですが、観終わったとはなんとも言えないものが残り、

いい映画だったと思えるのです。

こんな映画若い頃には絶対にみたいと思わなかったでしょうが、これも年を重ねてきたということでしょうかね???

より細やかな感性が身についてきたということにしたいと思います。

このパッケージの写真(↓)がまさに最後に訪れる名シーンでした!

小津安二郎

みかんに柿と収穫をし1年の晩を感じる頃に、春の晩をみたということで…

どちらもよく熟れています!!

熟れすぎて落ちちゃうのではなく、できることならもうひと花咲かせたいと思うこのごろです。

感謝

                  合掌





らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~


2018/11/28

みかんの収穫

みかん柵3011

みかん泥棒が現れたので道路と畑の境界としてこれまでは紐ひとつだったのですが、紐をもうひとつ追加して通りにくくしました。

それでもやはり泥棒が現れているようなので

(これがまた分からないように盗っているつもりのようなのですが・・・分かるんだな~。)

もう温州みかんは取ってしまうことにしました。

みかん柵3011 (2)

みかん畑にいると親子の会話で

「これみかん?」

「触っちゃダメよ。前よりもずっと大きくなっているでしょ~。」

こんな会話が聞こえてきます。

きっと「みかんを取らないでください。立入禁止」の張り紙をして、(紐の)柵を増やしたものだから…。

ホントはこんなことせずに道行く人々に季節を味わってもらいたいのですが・・・

ミカンの収穫3011

今年のみかんは猛暑続きの夏だったこともあり甘いです。

あの暑さが甘さに変わったと思えば、暑さに耐えてよかったな~と思えます。

クーラーなしの生活でしたからね…。

みかんの収穫はごくわずかですので、いくつかおすそ分けして残りは自家消費です。

毎朝5時にパトロールした仕事の報酬です。

感謝

             合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~



2018/11/27

さよならスモモちゃん

スモモちゃん3006

何十年も毎年野生の匂いも加味した甘さを届けてくれたスモモの木

みかん畑の西の端っこで毎年花を咲かせ、実をならしてくれていました。

しかしながらいつしかつっかえ棒をしなければならないほどに老いてしまいました。

このままではすぐそばを流れる川に落っこちてしまいかねないということで

遂に

さよならスモモちゃん3011 (1)

伐られてしまいました。

松の木の剪定にきた植木屋さんがチェーンソーで尊厳死(?)の儀式を行いました。

(ただし私はその現場を見ていません…。)

熟女スモモ3006 (1)

これでしばらくスモモが食べられいと思うと残念ですが、仕方ありません。

定期的に木酢や酢をかけるぐらいでこのスモモの木に何か特別なことをしたわけでもありませんが、なんだかさみしいですね…。

これもまたじいちゃんばあちゃんが植えた木、

またひとつ失ってしまいました。

スモモの木にはただただ感謝です。

なんだかバックミュージックにHEARTの“All I Wanna Do Is Make Love To You” が流れています。

さよならスモモちゃん3011 (2)

さて悲しんでばかりもいられません。

このあとここに何を植えるか?

新たなスモモの木?

それともアボガド?

行くものあれば、来るものあり。

それがこの世の仕組み!

新たな実りをつくらねば!!

感謝

                    合掌





らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~



2018/11/26

ツキを釣る

霜月釣3011 (1)

今年一番の冷え込みとなるでしょうと天気予報で言っていたのですが、それでも平気で3時過ぎに起きて着々と準備を進める私がいます。

普段は「あと少し、あと少し」となるところですが、釣りとなれば身体も心もシャキッ!!

人間とは現金な生き物です。

霜月釣3011 (2)

さて今回の釣りは西に満月、東に金星と私にとってはこれ以上はないというぐらいの夜空でした。

だからといって釣れるかというと・・・ですが・・・。

それでも気合を入れて投げること50分

霜月釣3011 (3)

一匹目は気合の60オーバーの鯛でした!!

残念ながらサイズはmm(ミリメートル)ですが…。

それでも一発目からタイとはめでたい!

ということで気合を入れるのでした。

けれどもその後当たりはあるのですが、うまく合わせられず…、

そして夜が明けていきました。

霜月釣り3011

来月はうまくいくと月没が見られるかもしれません。

結局投げ釣りでは60あまりの鯛が×3匹

あまりに大きいのでリリースするのですが、針を飲み込んでしまっていたため、再び泳ぎ出すことはなく

むやみな殺生となってしまいました。

南無阿弥陀仏。

霜月釣3011 (4)

退屈なのでルアーをいじって、メバルやグレ(メジナ)の子どもちゃんを釣り上げ遊んでしまいました。

月に1度の釣りの日は、ホントは自給自足の晩御飯のおかず調達なのですが、今回は坊主の殺生となってしまいました。

終わった後は堤防清掃しましたのでお許しください。

よきストレス発散となりました!?

感謝

                    合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~


2018/11/25

冬場は暖まりたいものです

いよかん3011

一段と寒くなってきました。

この寒さがいよかんをオレンジ色へと変えてくれることでしょう。

そう思うと寒さにも耐えられそうです。

布団からなかなか出ることができず、起きるのが遅くなりつつあるこのごろですが…。

さてみかん畑に行き、毎回心が痛むことは木が枯れていく姿を見ることです。

今も2,3本枯れつつあります。

じいちゃんの代に植えられたいよかんの木

無農薬、無化学肥料の栽培にこだわるあまりまたまた枯らしてしまいそうです…。

申し訳ないと思いつつも、私のこだわりは捨てたくありません。

みかんの木の行方3011

話しが暗くなってきたので暖まるものに変えます。

その枯れた木、そして3月に剪定された枝ですが、乾燥させ、お風呂の焚きものとします。

築約70年の家なので薪焚用風呂釜あります!

(風の強い日はガス給湯器を使いますが…。)

冬場はこれを使うとだんだんお風呂のお湯が暖まってくるんですね~。

こうしてみかんの果実だけでなく木も心と体を温めてくれるのです。

最後まで人間の役に立ってくれるというありがたい木です。

それでもやっぱり薪は剪定で出た木だけにして、枯らさないようにしないといけませんね。

研究しなければなりません!!

感謝

                       合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~
2018/11/24

ひとりごと

明けの明星3011

朝6時すぎに外に出ると東の空にひときわ明るく金星が輝いていました。

ホントは釣りに行きたかったのですが、寝過ごしてしまいました…。

金星は地球にやってくる前に住んでいた星です。

中山さんからあなたはプレディアス→シリウス→金星→地球といわれ、

千葉さんからあなたは金星→地球といわれたのでほぼ間違いないかと思います。

金星を見る度に心に懐かしさというか、望郷というか、希望というか、複雑な思いが込み上がってきます。

地球は住みにくいです。

違和感ありありです。

でも数々の美しきものを見ると、地球が大好きであり、心穏やかに暮らしたいと思うのです。

そんな人多いのでは???

去年の紅葉3011

昨日は最近出会った人たちとこの先何かできないかと意見交換を行ってきました。

できるかできないかまだ分かりませんが、こうして可能性を探っていくしかありません。

未来はそうして積み重ねていくしかありませんね。

まずは地域を住みやすき所とすること。

そろそろ金星が口の中に飛び込んできてくれないかな???

室戸岬に行こうかな…。

がんばらなきゃ!

感謝

              合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~




2018/11/23

酸っぱさは加速を促す

酸っぱい3011 (2)

いよかんが1個落っこちていたので皮をむきました。

見ての通り皮はまだ緑色

きっと酸っぱいだろうな~と思いつつも

酸っぱい3011 (1)

それでも中の実(果実)はしっかりいよかんしています!

でもって食べてみると

やっぱ、スッペ~ッ(>_<)

もう少し熟れなきゃなりません…。

それでももったいないので食べちゃいました。

さて、気がつけば11月も後半というか終盤となっており、残すは12月だけではないですか!!

参った、参った…。

今年1年のラストスパートをかけなくてはなりません。

坊主よりも早く走る準備をしなければと思うこのごろです。

感謝

                  合掌




らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~
2018/11/22

ホスピタリティあふれるみかん

飛鳥の湯3011 (1)

またまた道後へやってきました。

今回は飛鳥の湯です。

(右側のでっかいのは椿のオブジェです。)

といっても温泉に入るためにやってきたわけではありませんが・・・。

道後温泉周辺にあるホテルの調査依頼です。

現在実施しているマイプロジェクトを進めるためにいろいろと訪問して廻っています。

そこで思ったことを。

飛鳥の湯3011 (2)

ホスピタリティという言葉がありますが、この言葉を日本語にするならば「真心」と「おもいやり」であり、

まさに論語の「忠恕」に当たるのではないでしょうか?

そして一夜をもてなす宿、つまりはホテルですが、まさにホスピタリティが求められている場ではないかと思うのです。

しかしながら必ずしも高級ホテル、あるいは見た目は立派なホテルであっても、ホスピタリティにあふれた場所であるとは限らないようで…

ちょっと残念に思ったりします。

もちろん見た目とホスピタリティがイコールなところもあれば、見た目はそれほどなくてもホスピタリティが溢れるところもあり、ホスピタリティを感じるとうれしくなるということです。

そしてよく思うのがサービスとは?、そしてサービスをお金に換算するとは???というところです。

でも最後はそこで働く人の心だなと思ったりするわけです。

柑橘一覧3011 (2)

私はホテルの人足でも何でもなくただの百姓ですが、私なりのホスピタリティとして、

このみかんに愛を注ぎ、食べられる方が笑顔になる、元気になるものとしたいわけです。

もちろん安全・安心なものであることは当然です。

奇跡のリンゴを生み出す木村さんの自然栽培とはまだまだなれませんが、そうなるために日々研究中です。

小さな小さなみかん畑ではありますが、いつか宇宙とつながり愛あふれるみかん畑としたいものです。

感謝

               合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~


2018/11/21

みかん泥棒現る!

みかん泥棒3011 (2)

ゴールデンウィークが明けてから夏の終わりまでほぼ毎日続けてきたみかん畑の朝パトロール

カミキリムシ退治のためでした。

そして夕方訪れては野菜にみかんに世話をし続けてきた日々

虫との悪戦苦闘の日々

すべては安全・安心、そして元気の出るみかん(いよかん)をつくるためです。

そのみかんが

みかん泥棒3011

こうしてちぎられ持ち去られています。

実は数日前もちぎられていたのですが、ここのところ連日です。

欲しいならば、1個ぐらいあげますし、売りますし、そんな吹っ掛けることもしません。

子供の仕業なら見つたら、怒鳴りつつも、美味しかったか?と聞きますが

大人の仕業ならば警察へ突き出します!

このみかん畑はじいちゃんばあちゃんから引き継いだものを守りたいという思いが第一ですが、同時に一種の公共だとも思っています。

住宅ばかりが立ち並ぶようになり、息苦しさも感じるようになってしまった地域の中で、みんなにホッとひと息つける癒しを与えることができればと思っているのですが、みかんまで持ち去れとは言ってません。

数か月前に唐辛子も盗られましたが、人のものを平気で盗る人がいるようです。

心がすさんでしまっているのでしょう。

この世は因果応報です。

人のものを盗めば、きっとそれ以上のものを失うことになるでしょう。

哀れな人です。

ということで、今回は怒りを書いてしまいました。

ごめんなさい…。

                    合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~