FC2ブログ
2018/08/21

きれいだな~オクラの花

オクラ30年3008 (1)

みかん畑のオクラの花がきれいに咲いています!

オクラの花は本当に美しいですね。

何故こんなにきれいな花を咲かせるのでしょうか?

虫たちもきれいなものが好きなのでしょうか?

こちらはカエルくんですが・・・。

オクラ30年3008 (2)

オクラって肥料喰いの植物だそうです。

葉っぱの形状で(土の)栄養状態が分かるそうです。

葉と葉の間の切れが少なく太いのが土に栄養があり

細いのが栄養が少ないそうです。

オクラ30年3008 (3)

こちらは(上)栄養満点

下は栄養不足…

オクラ30年3008 (4)

同じみかん畑でもこうも違うのですね…。

私としては美味しければいいのですが…。

肥料を与えて丸々肥えたものを美味しいとするか、

肥料を与えずに大地に根を張り日光と雨で成長したものを美味しいとするか

霜降り肉と赤身肉の違いでしょうか?

もしくは小屋の中でで育てられた牛と、放牧されて草を食べて育った牛の違い???

人それぞれの好みであり、何をよしとするかです。

私が選んだのは大地に根差す野菜であり、みかんです!

感謝

               合掌


らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~

2018/08/20

He's back!!!

お友達3008

最近みかん畑のお友達であるトラ吉を見ないのですが、彼はどこへ行ってしまったのでしょう???

いるとちょっかい出したくなるのですが、いなくなると寂しくなります。

そのうちまた姿を見せてくれるのでしょうか?

やはり彼はトラ…

トラといえば「寅」

彼の代わりに寅さんを借りてきました。




さてトラ吉はいなくなりましたが、(私の中では)信じられないような彼が戻ってきました!!!

あり得ないと思っていたのに…

小学6年の時に衝撃を受けたヴォーカリストが戻ってきたのです!

ソロ、バンドの再結成、そして再びシーンから姿を消して25年。

例え万が一戻ってきたとしても、もう声なんか出ない、聞くに堪えない歌声になって…と思っていたら

Steve Perryの声で戻ってきた!!!

もちろん80年代前半の大ブレークしていた頃の高音も強さも張りもありはしないですが、69歳とは思えない彼の声・・・。

涙が出ました。



しかもPOPなメロディで戻ってきたのです。

(おそらくアルバムは難解な歌詞の暗い感じの歌も多いのでしょうが…。)

なんだかいいことありそうです。

やっぱDon't Stop Beleivin' ですね!

感謝

               合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~
2018/08/19

草刈りの合間

草刈の合間3008 (1)

朝5時半から1時間半ばかりの草刈りタイム

涼しくなって気持ちがいい~です!

お盆が過ぎてすっかり季節が変わりました。

北海道の山ではもう雪が降ったとか…。

なんだか冬は超寒くな理想な予感がします。

草刈の合間3008

目の前に現れた小さな花を写真で取り、その後ざっくり鎌で刈り…ごめんなさい。

耳を澄ませばコオロギをはじめいろいろな虫の声

これからどんどん虫の声が大きくなり夜には大合唱となっていくのでしょう。

夜の散歩は心地よく、

付近の家々の人々は大合唱を子守唄に

これもまたみかん畑の公共です!

草刈の合間3008 (2)

続いて目の前に現れたのはバッタちゃん

ツンツン触って少々いたずらを…

子ども心に戻りつつ、乱雑な草刈りをするのでありました。

きっと草を刈ったようには見えないでしょうが、そこがミソです!

陽が高くなってきたので夕方来てまた作業をします。

感謝

                    合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~



2018/08/18

アボガド移植

雨降って花咲く3008

日中に雨が降り、そのお陰で夜部屋の温度は30度を切っていました。

30度を下回ると快適です!

普段は4時起きですが、快適さのあまり5時半まで寝っ転がっていました。

35度を超えると1度気温が上昇するたびに身体が感じる世界が変わります。

夜は30度を境にこれまた感じる世界が変わります。

人間の体って図太くもあり、繊細でもあります。

ということで朝のみかん畑には行けませんでした…。

昨日の夕方撮った写真です。

何ていう名の草花か知りませんが、恵みの雨で花を咲かせていました。

アボ2号3008

そして遂にアボガド(アボちゃん2号)をみかん畑(の端っこ)に植えました。

これまで鉢植えで育てていたのですが、取り出す時に結構根っこが切れてしまったので、

根付くかどうか分かりません…。

冬の寒さに耐えられるのかどうかも分かりません。

それでもいつか日本製、自家製アボガドが食べられるのではないかと期待したいと思います。

育っておくれ~

感謝

                 合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~

2018/08/17

恵みの雨

台風去り3008 (3)

朝5時半のみかん畑から眺める空はあかね色。

虫の声を聞きながら畑の中に立っていると、なんとも言えない気持ちよさがあります。

唯一蚊が邪魔ですが…。

台風去り3008 (2)

台風も過ぎ去り、恵みの雨をもたらしてくれました。

カラカラだった大地が潤い、みかんは喜び、草もまた伸び…

それが原則です。

オクラだって喜んでいます!

台風去り3008 (1)

でも人間はお金が絡んでくるとすぐに原則も忘れエゴがぶつかり合い…。

決してお金が悪いんじゃなくて、

それが人間の弱さなのでしょう。

こんなことを書くのはお金のことでトラブっているからなのですが・・・

電車の旅3008

それでもそんなところで留まっているのではなく、前に進もうと朝8:30から夕方18時過ぎまで電車に乗っていました。

電車に乗って気分転換していたわけでなく、仕事です。

30以上の駅をチェックしてきました。

イヤなことに足をつかまれたままではいけません!

前に進んで新しい未来を展開しなきゃ!

イヤなことは台風に一緒に持って行ってもらいましょう!

感謝

                合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~


2018/08/16

開拓者は今日も

夏の癒し3008

みかん畑の暑い夏の癒しです…。

草花に少し固くなった心をゆるめてもらいましょう。

暑い、暑いと文句を言っても暑さが去っていくわけでもなく

銭ゲバな企業はどこまでも銭ゲバであり

そんなものに腹を立てても、何かが解決されるわけでもなく…

ただ汗をかきたい!

汗と一緒に不満も流してしまいたい。

フロンティアーズ精神3008 (1)

こんな道具を倉庫の中で見つけ

ひたすら畑の開墾を行いました。

と言っても、暑いので4時半から5時半までの1時間ほどですが…。

それでもいい汗かきました!!

フロンティアーズ精神3008 (2)

砂利などで固められた土地をひたすら掘り起こす。

北海道を開拓した人たち

ブラジルに渡り土地を開拓した人たち

みんな汗水たらして農作物が豊かに実る大地を夢見たのでしょう。

彼らの苦労に比べると足元にも及びませんが、その疑似体験をしています。

有り難いことです。

感謝

                   合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~

2018/08/15

それでも秋になりつつある

蟋蟀鳴く3008

朝5時20分のみかん畑

日中は今でも35度を越えたりもしますが、それでも朝一番のみかん畑にはコオロギの鳴き声が響いています。

暑さ厳しくとも確実に秋は来ているということでしょう。

昼間ツクツクボウシの鳴き声も結構聞こえるようになりましたしね。

毛虫チクチク3008 (1)

さて夕方柿の木のイラガ(毛虫)退治を実施しようと長袖シャツに 顔と首にタオル、帽子をかぶって、ゴム手袋着用し、腕にも虫よけ保護をつけ、いざ脚立を上がり…、準備万端で行ったのですが、

結果二の腕、首、脚などあちこち毛虫にやられ逃げ帰りました…。

こんなのいたらたまりません!

イラガ3008

虫刺されにはムヒが効く!なんてコマーシャルされていますが、そんなものは持っていないので

服を脱ぎ棄て、お風呂場へダッシュし、ひたすら流しました。

その後着ていた服を洗濯し、あ~チクチクかゆい!!!

今でも首周りがチクチクするような違和感があります(;一_一)

それでも多少はイラガを退治できたのではないかと思っています。

まだ生まれたばかりで集団行動の段階で、ちいさなイラガが集まり葉っぱを食べている段階でした。

夏本番となる前になるべく虫が発生しないように風通しを良くしようと剪定したつもりでしたが、ちっとも足りなかったみたいです。

実の摘果もしなければ…。

美味オクラ2908 (1)

しかし毎月何度か思うのですが、

農業って難しいです。

特に無農薬、無化学肥料って難しいです。

いっそのこと農薬散布して、化成肥料やって…、その方がどれだけ楽か…、そんな風に思います。

それでもやっぱりこだわってしまうのは

私は地球のお世話係だからです。

秋本番となるのを待ちましょう。

感謝

                      合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~


2018/08/14

仕事せな・・・

8月半ばの朝3008

朝5時はまだ暗く、5時15分にようやく明るくなるこのごろです。

明るくなるまで家の掃除を行い、それからみかん畑に行きます。

朝焼けでピンク色の雲がきれいです!

昨日水をやったので、みかん畑は周りよりもひんやりしています。

イヤシロ地にしなくては!!

イラ取り3008

少々摘果をしながら、柿の木の下へ来たところ、虫に食われた葉っぱが目立ちます。

コガネムシのせいだと思いつつ、ふと一部繊維質だけとなってしまった葉っぱを見てみると、そこにはイラガの小さいのがウジャウジャ。

こりゃ大変だ~ということで夕方の作業はイラガのたかった葉っぱ取りとしました。

ニンニク木酢でも作って散布しようかな~と思いつつも、もう間に合いません。

無農薬なので手で取るしかありません。

無農薬は大変です。

でも江戸時代の人はそれが当たり前・・・。

苦労を苦労と思わず手間暇かける。

仕事も日常もそうでなきゃ!!

このところさぼり気味の自分に喝!です。

感謝

                      合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~

2018/08/13

只今の限界

トウガラシ3008

みかん畑前の唐辛子ちゃん

夏の太陽の光を浴びてだんだん真っ赤になってきています。

辛すぎるのも困りものですが、ピリッとくるのはいいですね。

空港3008

さて仕事=使命Xで空港近くに行くことがよくあります。

チャリンコで走っていると、頭上を飛行機が通過していくこともあるのですが超うるさいです。

ゴ~ッという音が地響きの如くにあたり一帯に響きます。

空港近くに住んでいる人は毎日朝から晩までこんな音を発生させられてて大変だな~と思うのですが、

先日ふと思ったことがあります。

これが今の人間の(科学の)限界なんだ!

もっと科学が進化している星では静かにふわっと宙に舞い上がり、一瞬にして飛んでいくのだろうな~

と思ったのです。

飛行機3008

私たちはずっと進化してきたように思いますが、きっとその進化ってまだまだ劣ったものでしかないのです。

だから星を壊して、災害を引き起こして…

私たちは偉くも、賢くもないのです。

愚かなのです。

人間はもっと謙虚にならなくてはいけないのです。

感謝

                         合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~

2018/08/12

傷痕

肱川3008 (1)

吉田町復興支援のため宇和島で一泊し、翌日鬼北町から日吉そして国道197号線を通るコースを軽トラで走りました。

197号線を走っていると途中から明らかに川が氾濫し、泥水に覆われたなと思わされました。

トンネルの中は明らかにその匂いが…。

そして何よりも川がすっかり変わってしまっていました。

なんて言うか、死んだような川なのです。

肱川3008 (2)

そして相当の被害を被った道の駅肱川へと

お店が仮営業を開始していたので、いくつか商品を購入し、わずかばかりの復興支援です。

お店の裏を流れる肱川ですが、木々も倒されるのですから、その水は相当だったのでしょう。

上流の2つのダムの放流によりあたり一面水となってしまったわけです。

人災であるという人も多々います。

肱川3008 (3)

西日本の豪雨災害だけではありません。

今世界中で自然が猛威をふるっています。

熱波、豪雨、地震、山火事etc

これ以上自然を破壊するな、いじるな!

そんなことを言っているように思います。

もうそろそろ人間の一方的な都合、エゴで自然を破壊するのホント止めませんか???

復興中3008

一方で確実に復興しつつもあり、これもまた人間の力です。

人間の力は相当のものがあります。

なぜその力(能力)を自然との共生に使えないものかと・・・。

地球は時に人間に厳しさや脅威も与えますが、基本は恵みを与えてくれている存在です。

そんな地球を痛め付けるのをやめて感謝を捧げましょう!

感謝

                        合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~