FC2ブログ
2018/12/07

アボガド実験

懐かしき未来3012

先日のみそづくりで見た風景です。

なんだか懐かしさを覚えるのは日本人だからでしょうか?

それとも年のせい???

最近建てられている住宅に住む子供たちにとってこのような家はどう映るのでしょうか?

アボチャン3号3012

さて先日TVのニュースでビニールハウスでアボガドを育てている農家さんがでていました。

その人はアボガドを大地に植えるのではなく大きな植木鉢に植えていました。

そうするとアボガドは背丈を伸ばすよりも子孫を残すことを優先するのだそうです。

結果背丈をそれほど伸ばすことなく実をつけるようになるそうです。

それを見て私も真似してみようと思った次第です。

まだ鉢植えはそれほど大きくないですが、いずれ大きなものにし、鉢植えの下に台車を置いて移動式にしたいと思います。

というのもある程度大きくなるまでは真冬の夜は屋内に入れてやり、昼間は外で育ててみようと思った次第です。

TVに映った農家さんは東北地方か北陸地方であり、冬場の気温からするとビニールハウスを使わなければなりませんが、

愛媛(松山)は冬場も寒くてマイナス1度か2度程度なので、よほど寒そうな日は屋内に入れてやれば大丈夫なハズ。

(確かアボガドの寒さの耐性はマイナス4度と聞いた記憶が…あります。)

アボちゃん3号は鉢植え育て実験号としようと思います。

田舎の風景とアボガドの木はマッチするか分かりませんが、

地方都市の古民家ではいいかもしれないです!!

どうなるか楽しみです。

感謝

                      合掌




らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~

スポンサーサイト
2018/11/28

みかんの収穫

みかん柵3011

みかん泥棒が現れたので道路と畑の境界としてこれまでは紐ひとつだったのですが、紐をもうひとつ追加して通りにくくしました。

それでもやはり泥棒が現れているようなので

(これがまた分からないように盗っているつもりのようなのですが・・・分かるんだな~。)

もう温州みかんは取ってしまうことにしました。

みかん柵3011 (2)

みかん畑にいると親子の会話で

「これみかん?」

「触っちゃダメよ。前よりもずっと大きくなっているでしょ~。」

こんな会話が聞こえてきます。

きっと「みかんを取らないでください。立入禁止」の張り紙をして、(紐の)柵を増やしたものだから…。

ホントはこんなことせずに道行く人々に季節を味わってもらいたいのですが・・・

ミカンの収穫3011

今年のみかんは猛暑続きの夏だったこともあり甘いです。

あの暑さが甘さに変わったと思えば、暑さに耐えてよかったな~と思えます。

クーラーなしの生活でしたからね…。

みかんの収穫はごくわずかですので、いくつかおすそ分けして残りは自家消費です。

毎朝5時にパトロールした仕事の報酬です。

感謝

             合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~



2018/11/27

さよならスモモちゃん

スモモちゃん3006

何十年も毎年野生の匂いも加味した甘さを届けてくれたスモモの木

みかん畑の西の端っこで毎年花を咲かせ、実をならしてくれていました。

しかしながらいつしかつっかえ棒をしなければならないほどに老いてしまいました。

このままではすぐそばを流れる川に落っこちてしまいかねないということで

遂に

さよならスモモちゃん3011 (1)

伐られてしまいました。

松の木の剪定にきた植木屋さんがチェーンソーで尊厳死(?)の儀式を行いました。

(ただし私はその現場を見ていません…。)

熟女スモモ3006 (1)

これでしばらくスモモが食べられいと思うと残念ですが、仕方ありません。

定期的に木酢や酢をかけるぐらいでこのスモモの木に何か特別なことをしたわけでもありませんが、なんだかさみしいですね…。

これもまたじいちゃんばあちゃんが植えた木、

またひとつ失ってしまいました。

スモモの木にはただただ感謝です。

なんだかバックミュージックにHEARTの“All I Wanna Do Is Make Love To You” が流れています。

さよならスモモちゃん3011 (2)

さて悲しんでばかりもいられません。

このあとここに何を植えるか?

新たなスモモの木?

それともアボガド?

行くものあれば、来るものあり。

それがこの世の仕組み!

新たな実りをつくらねば!!

感謝

                    合掌





らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~



2018/11/17

色づくみかん畑

柑橘一覧3011 (3)

随分と暗くなるのが早くなりました。

夕方みかん畑に行くとすぐに暗くなってしまい、ほとんどなんの作業もできずに引き返すこととなってしまいます。

金柑でもかじりながら~と思えば、かじっただけで終わりなんてことも…。

冬至までまだしばらくあるのに、ますます暗くなるのが早くなるとは、

時間のやりくりを考えなければなりません…。

柑橘一覧3011 (2)

何もできない平日ですが、こんな風景を眺めているとなんだか嬉しくなってきます。

今年もみかんがなってくれたんだな~

まだまだ自分の思いこみばかりでみかんのことなど分かっていないのに、それでもこうして実ってくれることはありがたい限りです。

柑橘一覧3011 (1)

いよかんが1個落っこちていたので皮をむぎ食べてみました。

まだ酸っぱくて食べられないかな???と思ったのですが、

思った以上に甘くなっていました。

今年のいよかんの収穫量は過去最低となるでしょうが、それでも例年以上に美味しいものができるのかも???

そんな淡い期待を抱かせてくれました。

みかん畑はどんどん暗くなり、空には月が浮かんでいるのでありました。

感謝

                    合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~


2018/11/03

農家の格好

菊といよかん3011

11月となり菊の花ももうすぐ開花しそうです。

いよかんのそばに菊の花なんて…

全く何でもありなみかん畑です。

私にとってはみかん畑でなくて小さな小さなパラダイスです!

天敵はカイガラムシとカメムシかな???

藁頂き3011

さて近所の田んぼから藁を頂きました。

藁を縛って軽トラに積み込み、みかん畑にある倉庫まで運びました。

農家している感じが出ています!!

きれいな格好して歩くよりも、農作業してるぞという恰好が大好きな私です。

(ホントは私もお米作りがしたいのです・・・。)

藁頂き3011 (2)

でもね、この田んぼもなくなってしまうそうです・・・。

なんでこうも次々と田畑がなくなってしまうのでしょう???

ただでさえ自給率の小さな日本なのに、ますます低くなってしまいます。

生物の数もまたまた減ってしまいます。

何とかならないものかと頭を悩ませるのであります。

感謝

                     合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~