FC2ブログ
2019/05/11

何となく復活の兆しか???

初月見草0005

朝5時過ぎにみかん畑に通い始めたこの季節

気がつけば月見草も咲いていました。

これから気温も上昇し、暑くなってくるのでしょうね。

でもまだ朝5時は少々ひんやりです。

いよかん乱れ咲き0005 (1)

で、今は着花過多となったいよかんの木の花摘みに追われているわけですが、

毎回みかんの木を触っていると、何となくみかんのことが少し分かってきたように思えます。

それは本や教科書に書いていることではなくて、

経験というか、手の感覚というか、言葉にはならないフィーリングです。

それともうひとつ何となく感じるのが

いよかん乱れ咲き0005 (3)

いよかんの木の復活です!

再び元気になって来ているのではないかと思えるのです。

5月も中盤域に入り新緑の季節真っ只中ですが、うちのみかん畑は花をつけつつも葉が黄色くなり、落ち葉の季節となっている木々も多いのですが、

それでも新芽が顔を出してもおり、新たなる生命が宿っているようにも思うのです。

すべて何となくですが、それでもいよかんとコミュニケーションができつつあるような…、この不思議な感覚。

やっぱ手間暇かけると木々もそれに答えてくれるのかも!?

なんともスピリチャルな農業です。

感謝

        合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~

2019/05/05

蕾を摘み取りながら思う

いよかんの蕾を摘み取りながら0005 (1)

庭のバラ肉こと

肉のような色と柄の薔薇の花が咲いています。

乳酸菌を散布したせいでしょうか、今年は昨年よりもたくさん花を咲かせているような気がします…。

あくまでもそんな「気」ですが・・・。

いよかんの蕾を摘み取りながら0005 (2)

さて今日は朝5時40分からみかん畑を訪れました。

この時期に行うことは着花過多の木の蕾取りです。

木が弱っているのか、いよかんの葉っぱの色がよくありません…。

それでも新しい芽も出ています。

いよかんの蕾を摘み取りながら0005 (3)

そのうち枯れてしまうのでは??と思える木もこうして新たな芽を出してくれています。

木だってホントは一生懸命生きているんだな~と感じさせてくれます。

がんばって!!

やっぱ人間ができるのはほんの少しのお手伝いなんです。

人間はまるで植物をコントロールできるかのように思っていますがそんなことはありません。

自然に対してできることなどわずかなことです。

例え一時的に支配しているように思っても、長い目で見ればそうではないのです。

そして間違ったことをすれば、いつかはそれが返ってくるのです。

本来ならばもうこの時間ならばミツバチがブンブン飛んでいてもいいのですが、その音を全く聞くことのない朝にそう思うのです。

人間は自然や天に跪かなければなりません。

そして和して生きなければなりません。

でなきゃバラバラにされちゃいますよ。

それが「令和」です。

感謝

      合掌


らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~



2019/05/04

心配症?orみかん愛?

心配症0005 (1)

バラがでっかく咲いています。

近所にバラ好きな方がおり、庭中バラでいっぱいにしています。

我が家は日本庭園の中の端っこにひっそり咲いています。

この薔薇の花はでっかいですが・・・。

心配症0005

さて、みかん畑ではどんどんいよかんの花が咲いているわけですが

着花過多であり、朝一番からつぼみを取り除いています。

どれだけとってもきりがないわけですが、

それでもあきらめきれずにやっています。

ひえ~!!!

心配症0005 (2)

全く手のかかるみかんの木というか…、

それともただ私が心配症なのか…、

どちらであろうと、みかんの木が元気であって

安全・安心、そして元気の出るみかん(いよかん)ができてほしい。

それだけです。

でもひとつ言えることは、このみかん畑が大好きであり、

みかん作りが大好きであるということです。

でもやっぱみかん(いよかん)作りは難しいです。

そのみかん作りに挑戦し続ける私…。

果たして夢のいよかんはいつできるのでしょう???

意識の上ではもうできているのですが・・・。

感謝

        合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~

2019/05/03

見ごろ、撒きごろ

見ごろ撒き頃3105 (3)

藤が真っ盛り!

かつて高齢者施設で働いていたころ、1人のばっちゃんが作った歌の中に

日本の国は松の国、梅・桃・桜・藤・あやめ~♪

というのがありましたが、本当に順番通りにきれいに咲いています。

見ごろ撒き頃3105 (2)

さてみかん畑の一部の草をきれいに(?)草取りしました。

そしてここに赤しそ、青しその種を撒きました。

毎年勝手に生えてきたのですが、昨年は草茫々のままにしていたためかほとんど生えてこなかったので

今年は一部を草を取り除いて整備。

これで沢山生えてくれるといいのですが…。

これも自給自足の準備です!

見ごろ撒き頃3105 (1)

さて、令和の時代もはや3日。

いよかんの花も咲き誇りだしました。

きっと橘の時代となることでしょう。

橘の花言葉は「追憶」

平成に想いを馳せ、その後は新たな時代へ向かっていきましょう。

橘の時代に必要なことは「自律」と「自立」

国や誰かに人生を任せるのはやめて、自らの手でつくりだしましょう!!

感謝

        合掌


らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~



2019/05/01

アゲハ舞う季節

レモン哀歌3104

令和の時代が始まりました。(令和についてはこちらに書きました。)

同時にレモンの花も咲きだしました!

でもミツバチの姿をほとんどみません…。

大都会でも分蜂しているというのに、このまちはどうなってしまったのでしょう??

わざわざ引っ越し用のミツバチハウスまで用意しているのに…。

乳酸菌3104

さて今年は昨年よりもきれいないよかんをつくりたいと思い、こまめに酢の散布をすることとしました。

目標はこれから10月ごろまでは2週間に1度はしたいなと・・・。

なるべく達成したいと思います!

蝶の舞3104

散布していると、あちこちにアゲハ蝶の姿が!

みんな蛹から孵ったのね。

幼虫の間はみかんの葉っぱを餌にして・・・。

蝶の舞3104-2

アゲハ蝶がミツバチを呼んできてくれるといいのですが…。

ミツバチがいなくなると世界は滅んでしまうのではないかと真剣に考えてしまうこのごろです。

農薬使うのやめましょう。

ホームセンターには除草剤がドカドカ並べられていますが、これも使うのやめましょう!

(なんだか今年は特に除草剤が目立つ場所に置かれています、これもモ〇サ〇トの日本滅亡作戦でしょうか???)

令和の時代をよき時代とするためにも循環の中で生きましょう!!

感謝

        合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~