FC2ブログ
2018/08/16

開拓者は今日も

夏の癒し3008

みかん畑の暑い夏の癒しです…。

草花に少し固くなった心をゆるめてもらいましょう。

暑い、暑いと文句を言っても暑さが去っていくわけでもなく

銭ゲバな企業はどこまでも銭ゲバであり

そんなものに腹を立てても、何かが解決されるわけでもなく…

ただ汗をかきたい!

汗と一緒に不満も流してしまいたい。

フロンティアーズ精神3008 (1)

こんな道具を倉庫の中で見つけ

ひたすら畑の開墾を行いました。

と言っても、暑いので4時半から5時半までの1時間ほどですが…。

それでもいい汗かきました!!

フロンティアーズ精神3008 (2)

砂利などで固められた土地をひたすら掘り起こす。

北海道を開拓した人たち

ブラジルに渡り土地を開拓した人たち

みんな汗水たらして農作物が豊かに実る大地を夢見たのでしょう。

彼らの苦労に比べると足元にも及びませんが、その疑似体験をしています。

有り難いことです。

感謝

                   合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~

スポンサーサイト
2018/08/13

只今の限界

トウガラシ3008

みかん畑前の唐辛子ちゃん

夏の太陽の光を浴びてだんだん真っ赤になってきています。

辛すぎるのも困りものですが、ピリッとくるのはいいですね。

空港3008

さて仕事=使命Xで空港近くに行くことがよくあります。

チャリンコで走っていると、頭上を飛行機が通過していくこともあるのですが超うるさいです。

ゴ~ッという音が地響きの如くにあたり一帯に響きます。

空港近くに住んでいる人は毎日朝から晩までこんな音を発生させられてて大変だな~と思うのですが、

先日ふと思ったことがあります。

これが今の人間の(科学の)限界なんだ!

もっと科学が進化している星では静かにふわっと宙に舞い上がり、一瞬にして飛んでいくのだろうな~

と思ったのです。

飛行機3008

私たちはずっと進化してきたように思いますが、きっとその進化ってまだまだ劣ったものでしかないのです。

だから星を壊して、災害を引き起こして…

私たちは偉くも、賢くもないのです。

愚かなのです。

人間はもっと謙虚にならなくてはいけないのです。

感謝

                         合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~

2018/08/12

傷痕

肱川3008 (1)

吉田町復興支援のため宇和島で一泊し、翌日鬼北町から日吉そして国道197号線を通るコースを軽トラで走りました。

197号線を走っていると途中から明らかに川が氾濫し、泥水に覆われたなと思わされました。

トンネルの中は明らかにその匂いが…。

そして何よりも川がすっかり変わってしまっていました。

なんて言うか、死んだような川なのです。

肱川3008 (2)

そして相当の被害を被った道の駅肱川へと

お店が仮営業を開始していたので、いくつか商品を購入し、わずかばかりの復興支援です。

お店の裏を流れる肱川ですが、木々も倒されるのですから、その水は相当だったのでしょう。

上流の2つのダムの放流によりあたり一面水となってしまったわけです。

人災であるという人も多々います。

肱川3008 (3)

西日本の豪雨災害だけではありません。

今世界中で自然が猛威をふるっています。

熱波、豪雨、地震、山火事etc

これ以上自然を破壊するな、いじるな!

そんなことを言っているように思います。

もうそろそろ人間の一方的な都合、エゴで自然を破壊するのホント止めませんか???

復興中3008

一方で確実に復興しつつもあり、これもまた人間の力です。

人間の力は相当のものがあります。

なぜその力(能力)を自然との共生に使えないものかと・・・。

地球は時に人間に厳しさや脅威も与えますが、基本は恵みを与えてくれている存在です。

そんな地球を痛め付けるのをやめて感謝を捧げましょう!

感謝

                        合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~


2018/08/03

開拓魂

友達3008 (1)

朝夕1日2回みかん畑を訪れるわけですが、どちらかの時間に大抵お友達のトラ吉がやってきます。

この日もみかん畑に植えたオクラなどに水をやっていると、いつの間にかやって来て寝そべっていました。

私も座ってじっと見ていると、起き上がり、みかんの木に近づいたかと思うと、木に止まっているクマゼミを捕まえ、

クマゼミと遊んでました。

トラ吉は1mまで近寄るのは許すのですが、それ以上近寄ろうとすると逃げていきます。

頭をなでさせるようになるまでにはもう少し時間がかかりそうです。

開拓魂3008

トラ吉と遊んだあとはみかん畑の埋立地の一部を畑とするために土掘り作業を行いました。

土の層の下は大きな砂利がいっぱいです。

スコップで掘り、石をのけて少しずつ深くして畝づくりです。

ユンボでもあれば一発なのでしょうが、ここは手掘りの肉体労働です。

この作業をしているとね、なんだか私の中に眠っている開拓魂が呼び起こされるような気がするんですよね。

エンジンのついた機械ではなく、自分の手で切り開いていく。

フロンティアーズ・スピリット!

ほんの小さなものですが、大切にしたい精神です。

感謝

                  合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~
2018/08/02

生命がいっぱい!

ミカン畑のトマト

いつもより15分ばかり遅れて、朝5時15分過ぎにみかん畑に行くと

日曜日、月曜日に降った雨がまだ残っていてみかん畑の土はたくさんの湿気を帯びていました。

みかん畑に入ると、いつもよりも土が柔らかく

なんだか生命が溢れているように思えました。

きっとずっと続いていたカラカラ天気で、死んだり消滅した微生物たちがまた増殖したのでしょう。

草もずっと耐えていたのが、また一挙に成長しています。

そしてみかんの木自体も喜んでいるように思え、

カラカラ天気続きの際、水をやったりしましたが、やっぱ雨にはかなわないと思った次第です。

そしてこの土踏ん付けちゃいけないのかな、今日はみかん畑に入らない方がいいのではないかと思いはじめ

トマトとオクラを取ってみかん畑をリングアウトしました。

やっぱ自然の力はすごいです。

自然の法則に人間は及ばないです。

それに従うしかないのです。

やっぱ僕らは地球のお世話係りなのです。

その恵みを頂く存在なのです。

感謝

                合掌



らいふあーと21~僕らは地球のお世話係~